2013年

7月

22日

大きいお札や木製札も神棚の中に納まります

 

「三社屋根違い(小)ではどの大きさのお札がはいりますか?

板製の札もはいりますか?」

 

と、先ほどお客様よりお問い合わせがありました。

 

神棚はたくさんの種類があり、それぞれ職人さんによって作り方が大きく異なる場合があります。

 

特に三社屋根違いの神棚の場合、左右の扉内は非常に狭くなっているため、実際に内部にお札を納めることができない製品も珍しくありません。

 

 

この問題を解決するため、ある職人さんは工夫を凝らして作られた神棚がこちら。

 

 

底面に切り込みを入れてあるので、通常は狭い左右扉の内部にも御札を納めることが可能となりました。

 


そしてより大きいお札は木製札も収納できるように、天井部を取り外せるようにもなっています。

 

 

実際にお神札を納める場合のサイズは、以下の寸法を参考にされて下さい。

 

 

【神棚内部寸法】

三社屋根違い(小)

 

●中央部

A. 高 280mm 横 115mm 奥 25mm

B. 高 325mm 横 115mm 奥 25mm

C. 高 350mm 横 115mm 奥 25mm

 

●左右部

a.高 225mm 横 100mm 奥 25mm

b.高 275mm 横 100mm 奥 25mm

c.高 325mm 横 100mm 奥 25mm

 

A/a 通常時

B/b 底面切り込み使用時

C/c 底面切り込み+天井部板取り外し時

 

 

【三社屋根違い(小) 外部寸法】

 

高さ 410mm 横幅 540mm 奥行 240mm

 

(各職人によって多少サイズに違いがあります)

 

 

 ⇒ 三社神棚シリーズ/国産神棚復活プロジェクト

 

 ⇒ もっと大きいお神札を収納できる神棚シリーズ

 

 

ご不明な点などございましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

メモ: * は入力必須項目です