荒神様の神棚を設置する場合

荒神様の神棚を設置する場合、稲荷神と同じように天照大御神等の神様と一緒にお祀りすることは、一般的に禁忌とされています。

 

 ⇒ ⇒ ⇒「お稲荷様をお祀りする方法」を見る

 

荒神は三宝荒神とも言い、家庭で「火の神」「竈(かまど)の神」とされ現代でも台所・キッチンに専用の棚を設置して祀られます。

 

通常の神棚(天照大御神、氏神など)がリビングや和室に置かれることが多いことに対し、キッチンの付近ではスペースに余裕がないケースが珍しくありません。

 

そのため神棚のサイズも小さめの種類を選ばれる方が多くなりますが、種類に関しましては、基本的にはどのような製品でなければならないとする決まりも存在しません。

 

 

 

荒神宮

¥5,500

 

幅:250㎜

高:340㎜

奥:130㎜

 

 

 

 

一社唐戸(中)

¥10,000

幅:340㎜

高:360㎜

奥:150㎜

 

他に(大・小)サイズ有。

 

 

 

 

中神明

¥11,500

幅:360㎜

高:410㎜

奥:190㎜

 

他に(大)サイズ有。

 

 

 

 

格子宮

¥14,800

 

幅:410㎜

高:390㎜

奥:160㎜

 

 

 

 

鹿屋野一社

(木曽ひのき)

¥45,600

 

幅:410㎜

高:440㎜

奥:190㎜

 

 

 

 

天神唐戸一社

(木曽ひのき)

¥63,000

 

幅:610㎜

高:450㎜

奥:300㎜

 

 

 

 

 

ご希望の製品、サイズ違い、細かい仕様の変更など柔軟に対応しますので、何なりとご相談下さいませ。

 

また設置場所について、スペースに合わせた棚板の作製、設置工事のご相談も可能です。

 

国産神棚の製作・販売・取付は福岡の伝統風水~オフィス大渓水~

 

どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さい。