賃貸の家に傷つけず神棚を取り付ける方法

 

賃貸の家に住んでいるため、神棚の設置をあきらめている人はいませんか?

 

「借家じゃなければ神様をちゃんとお祀りしたいのに…」

 

とご相談を頂きましたので、傷つけずに神棚の取付けは可能か!?を色々と実験してみました。

 

(A)押しピンほどのキズで済ませたい人

(B)ビスを使ってガッチリ固定したい人

(C)まったく傷跡を残したくない人

 

 

■押しピン程度のキズで神棚(箱宮)は設置できるのか

 

まず、(A)の検証に使用した神棚は「箱宮(膳引き出し付)」

 

ちなみに箱宮の重量は約6㎏。

 

そして3種類のピンを使用します。

 

どれもホームセンターで買える物ばかりで、今回はすべてメイド・イン・ジャパンのみ揃えました

 

■A-1 タックンフック(1つ当たり最大垂直荷重3㎏)

 

壁に差し込むとピンが開き、抜けにくくなるのが特徴

 

カレンダーや時計であれば問題ないでしょうが、神棚は毎日お世話をするため、多少は揺れることを想定しなければなりません。

 

また高い場所の設置することが普通なので、地震など強い揺れへの耐久性も必要です。

 

 

手で揺らし続けた結果、少しずつピンが手前に抜けてきました。

 

この種類のボード用ピンは、脱着が簡単なのがウリでしょうから、神棚の設置には不向きと言えるでしょう。

 

壁の内部よりピンが抜けつつある状態
壁の内部よりピンが抜けつつある状態

 

なお、神棚の重量約6㎏に対し、フック1つあたり3㎏までなので、箱宮側の吊り下げ金具を3つにして検証しました

 

■A-2 スリーピン(1つ当たり最大垂直荷重7㎏)

 

取付方法はハンマーでたたくだけ。

私の場合は、指で押すだけで入りました。

 

 

映像をご覧いただければ分かりますが、この製品は神棚に使用してはいけません。

 

■A-3 シグマフック(1つ当たり最大垂直荷重5㎏)

 

1フックあたり4本の細いクギを使用します。

 

 

横へ2本、斜め下へ2本入るので、これまでより強固な感じです。

100円玉コインを使って押し込んでもいいし、金づちで打ち込んでも良いでしょう。

 

 

だいぶ強く揺すりましたが全く問題ありませんでした。

これなら安心して神棚を設置することが出来そうです。

 

 

 

■まとめ/壁掛けフックを使って神棚を設置する方法

 

実際の壁によって多少の違いはあるかと思いますが、これ位の強度があれば問題なく神棚を設置できる筈です。

 

壁に掛けるタイプの神棚は数種類ありますので、ご予算・サイズ・形状をご検討の上、お気に入りの物をお知らせ下さい。

 

 

⇒ 壁掛け・箱宮タイプの神棚ページへ

 

 

■壁掛け用フック(A-3で使用のもの)

必要時はシグマフック(白 2コ ¥500)を当店で購入できます。

 

■神棚背面の吊り下げ金具

金具が2つでは心配という方は、追加で1~3コ増設も可能です。

 

■その他の設置方法



 

 

■あなたの困った…国産神棚復活プロジェクトが解決します!

 

神棚の製作・販売・鑑定・設置工事(全国対応)

国産神棚復活プロジェクト/オフィス大渓水まで

電話:050-3323-2388 or 下記フォーム

メモ: * は入力必須項目です