2015年

2月

04日

和室への神棚設置方法と採寸について


国産神棚復活プロジェクトでは、お客様宅の現状・構造に合わせ、可能な限りご希望に沿えるよう様々なご提案を行っております。


例えば和室へ神棚を設置する場合、どのようなやりとりをするか?について、実例をご紹介させて頂きます。



■STEP1(当店)

お客様から図面・写真をお送り頂いた後、神棚をお祀りすべき位置についてのご提案から始まります。



■STEP2(当店&お客様)

お客様のご希望を確認しながら設置場所を定めます。

※画像左=鴨居の外側に固定(強度を重視)⇒ 設置イメージ

※画像右=鴨居の内側に固定(見た目を重視⇒ その他の設置イメージ

 

設置工法が決まれば次はお客様ご自身にて採寸を行って頂きます。

※近隣のお宅であれば、こちらから採寸にお伺い致します。

 

 

■STEP3(当店)

神棚と支柱を作製するにあたり、必要な個所の採寸を求めます。


【採寸希望箇所】

A・B・C・D/あ・い・う・え・お/ア・イ・ウ/1・2



■STEP4(お客様)

お客様より回答がありました。


A:1.5cm / B:7cm / C:4.2cm / D:3.2cm

あ:1.5cm / い:4.2cm / う:43.9cm / え:8.9cm / お:4.2cm

ア:7cm / イ:5.4~5.7cm / ウ9.3cm

1:1.4cm / 2:1cm



■STEP5(神棚製作 ~ 当店による取付 or お客様による取付)

こちらのお宅では、当店による出張工事を行いました。


 ⇒ 東京都 K邸/実際の設置作業の風景はこちら


■その他 神棚板の種類については、こちらをご覧ください。


ご不明な点などありましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。



国産神棚の製作・販売・設置・鑑定

福岡の伝統風水~オフィス大渓水~

メモ: * は入力必須項目です